パソコンを使う男性

一人暮らしに理想的な間取り

紙の家

 仕事を持つ女性がマンションで一人暮らしをするなら、2LDKが理想です。キッチンが独立していて、LDが12畳以上あれば、なおさらです。
 ひとつの部屋は、寝室として使います。仕事が忙しい時、体調があまり良くない時など、完璧に部屋を綺麗にしておくのが難しい時があります。そんな時でも、寝室が生活スペースから独立していれば、快適な睡眠を確保することができます。どんなに遅く帰ってきても、部屋を片づける心配をせずに、すぐに眠ることもできます。友人を招いて、リビングで楽しんだ後も、眠る部屋が別に確保されていれば、大切な睡眠時間は確保され、自分のペースでパーティー後のリビングの片づけをすることができます。
 仕事を持つ女性にとって、美容のためにも健康のためにも、質の良い睡眠を確保することはとても重要で、そのための最適な部屋が何時でも確保されていることほど、ありがたいことはありません。
 2つ目の部屋は、思い切って、クローゼットとして使います。洋服や靴、バッグなどは、壁に沿って、選びやすいように配置します。大きめの鏡を置いて、その部屋でコーディネートできるようにすれば、朝の支度もはかどります。あまったスペースには、本や掃除機やスーツケース、ゴルフバッグ、予備の布団など、かさばる荷物を保管するスペースをつくれば、他の部屋を広く使うことができます。また、いっそう、リビングなどにゲストを招きやすくなるのではないでしょうか?
 2つ目の部屋を趣味の部屋にしたり、書斎にする選択もあるかと思いますが、一人暮らしなら、リビングで仕事をしたり、楽器を練習したり、ハンドメイドの作業をしたりと、場面に合わせて多目的に使った方が、居心地の良い環境で作業もはかどるのではなかと思います。
 時間をかけずに、生活しやすい空間と時間を管理できれば、それだけで、一人暮らしが何倍も楽しくなることでしょう。

紙の家

一人暮らしに理想的な間取り

 仕事を持つ女性がマンションで一人暮らしをするなら、2LDKが理想です。キッチンが独立していて、LDが12畳以上あれば、なおさらです。 ひとつの部屋は、寝室として使います。仕事が忙しい時…

click!more
通帳

一人暮らしをはじめよう

自由になりたいと思ったり、新しい環境に身をおきたいと感じたら、一人暮らしを始めてみるのが良いかもしれません。特に実家暮らしの社会人や学生さんだと、いろいろと制限があるので、…

click!more
お金と家

一人暮らしに必要な行為

誰もが昔は実家などで誰かと一緒に暮らしていました。そのためにいきなり一人暮らしを始めた際には不慣れなために戸惑うかもしれません。一人暮らしをする上で行なわなければならない事、…

click!more
電卓

一人暮らし中です。

賃貸マンションのIDKで一人暮らしをしています。家賃28000円と激安物件ですが、風呂、トイレ別、ベランダあり、押入れなどの収納も広いです。最寄りの地下鉄やスーパーコンビニも10分以内の所にある…

click!more